省エネな暮らし ゼロエネルギー住宅&パッシブデザイン SIBUSAWA STYLEでは、デザイン性だけではなく、様々な設備や自然を活用した、省エネな暮らしも大切にしています

省エネな暮らし ゼロエネルギー住宅とは?

  • 『消費エネルギー=作り出すエネルギー』つまり、実質使用エネルギーがほぼゼロになる住宅のことです。

    簡単に言うと、家庭で必要なエネルギーを自給自足できる住まいということになります。この仕組みを行うためには、住宅の断熱性・設備等の性能を向上させ、使用エネルギーを減らし、さらに使用エネルギー分を太陽光発電等で補うことが必要です。

    完全にエネルギーゼロの住宅は、今現在、不可能です。しかしゼロエネルギーの考えを取り入れた省エネ住宅として、ゼロエネルギーに近い暮らしを目指しています。

  • 0エネルギー住宅のメリット

    • 光熱費を極力抑えられる。
    • 発電収支プラス分を家計の為に活用できる。
    • 環境に優しい。
  • 0エネルギー住宅のデメリット

    • 最新設備や機器の導入により、建築費が高くなる。
    • 太陽光は天気に左右されるため、発電・発熱量が一定にならない。
    • 売電価格の金額設定が定まらないので、一般家庭レベルの収支的メリットもなくなる。

ゼロエネルギー住宅として必要とされる設備

    • 太陽光パネル
    • 断熱材
      (セルロースファイバー・発泡ウレタン)
    • 熱交換型換気システム
    • LED照明
    • 高性能エアコン
    • HEMS
    • LowE複層ガラス等

SIBUSAWA-STYLEでは上記の設備すべてに対応しており、各お客様のご予算、こだわりによって提案を行っております。

ゼロエネルギー住宅として必要とされる設備

  • ドイツの研究所で検査等を受け、-20度の極寒の地でも暖房を使わず、快適に過ごすことのできるパッシブハウスというものがあります。

    このパッシブハウスの省エネ・断熱・気密性は世界トップレベル、世界各国の省エネルギー基準で最も厳しいと言われています。

    パッシブハウスを実現させるのは、非常に困難です。なので、このパッシブハウスの考えを参考に、自然の力(太陽熱・風)をうまく使い、電気ガスへの依存率を減らした、省エネで快適な生活にするという考え方がパッシブデザインです。

現実的なパッシブデザイン(仕様)

  • 自然風の利用
    風の通り道をつくり、外気を取り入れることで夏季でも室内を快適に保ちます。
  • 昼光の利用
    開口部から昼間の明るさを室内に取り入れることで、人工照明の利用を減らし、省エネを実現します。
  • 日射熱の利用
    冬季に開口部から日射熱を取得し、暖房を使わずとも暖かい空間を創りだします。

SIBUSAWA-STYLEでは、上記のように気候・風土に合った設計計画をすることは、当たり前のこととし、お客様のご予算・ご要望をうかがいながら省エネルギーで快適な空間をご提案しております。
質の高い性能とデザインの美しさを兼ね備える事がSIBUSAWA-STYLEのこだわりです

施工例一覧へ

メールから資料請求・お問い合わせ

ページトップ